Loading
Loading

イノベーションを推進しながら新製品のリードタイムを短縮

製品ライフサイクルでは初期段階の効率性とパフォーマンスを向上させることが非常に重要であるため、次のような観点において競争上の優位性を確立し、その優位性を継続的に維持する必要があります。

■Teamcenter Engineeringのメリット

Teamcenter Engineering複数のCADシステムの統合:Teamcenter Engineeringを導入すれば、エンジニアリング・チームと製造チーム間で、設計データの同期や、ワークフロー・プロセスにおける設計モデルの共有が可能となり、デジタル環境でのコラボレーションが促進されます。企業はTeamcenter Engineeringのこのような機能を活用して、製品の品質を向上させ、製造に必要な期間とコストを削減し、製品ライフサイクル全体を効率化することができます。

複数の異なるCADシステム(Unigraphics NX、I-deas NX Series、Solid Edge、AutoCAD、CATIA、Pro/Engineering、SolidWorksなど)が密接に統合されるため、CADシステムへの既存の投資を新しい製造プロセスで活用することができます。

複数のサイトにわたるコラボレーション:Teamcenter Engineeringは複数のサイトにわたるコラボレーションとナレッジの共有に最適なソリューションであり、共有のデータベースを単一の論理システムに統合する機能を備えています。地理的に分散した複数の製品関連チーム、さらには複数の異なる企業が、自動化された共通のエンジニアリング/製造環境でコラボレーションすることができます。

製品のビジュアル・コラボレーション:Teamcenter Engineeringに組み込まれたビジュアライゼーション機能とワークフロー管理機能によって、製品関連チームの各メンバー間のコミュニケーションが促進されるとともに、製品ライフサイクルに関連する他のチームとのコラボレーションが効率化されます。そのため、設計内容を最新状態に保ち整合性を維持しながら、より革新的な設計内容を製品に組み込むことが可能となります。また、すべての製品定義データとプロセス定義データを収集し、製品ライフサイクルの下流工程の自動化/効率化に活用できるように、それらの定義データを編成することができます。

■Teamcenter Engineeringが選択される理由

お問合せ・資料請求 各種資料を進呈いたします。お申込みはこちら
このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをLivedoor クリップに追加 このエントリをニフティクリップに追加 del.icio.us 宜しければブックマークに登録願います