Loading
Loading

机上から現場へ。現場から生まれた知恵の結晶。
M-BOM構築システムで、JITも実現。

■リードタイム最短化システム成立の条件

受注生産型製造業において、現在のリードタイムを最短化する方法は明解です。
それは、次の2つステップをたどります。先ず、

『最も効率の良い生産計画を必要なタイミングで立案し、 その計画どおりにしっかり生産できるようにする事です』

そして

『生産計画を立てるためには、M-BOMをしっかり構築し、日々精度を高めることです』

しかしながら、受注設計生産型製造業に於いて小日程計画いわゆる差立計画を作って運用されている会社は実際には少なく、出来ていれば相当レベルが高い会社と云えます。何故出来ていないのか?といえば計画部門に計画を立てるのに必要な情報が集まっていないことか、若しくは活用できる状態に整理されていないことです。そこで

M-BOMがあれば、

工程の透明性が増すので、必要なものを必要なタイミングで在庫する流れができあがる(JIT)

と言った、数々の改革を実現する手掛かりが得られます。

では、なぜ、M-BOMは作られてこなかったのでしょうか? その背景には、

このシステムなしに両者の連携を実現するには、あまりに大きな負荷が必要となり、机上の空論に終わっていたということが挙げられます。

リードタイム短縮の切り札。『M-BOM構築支援システム』(特許出願中)
E−BOMからM-BOMへの連携と展開を、最小の負荷で迅速に実現する利用可能なシステム
この出現こそ、受注生産型工程のリードタイム最短化において、最も必要かつ重要な、待たれていたことなのです。

E−BOMとM-BOMの概念を図表化すると次の図のようになります。
E-BOMは設計部で作られる構成表。M-BOMはこれにどのような順番で生産されるかの手順を付加した物で、生産管理システムで管理される。この連携には多くの負荷が必要とされます。

E-BOMは設計部で作られる構成表。M-BOMはこれにどのような順番で生産されるかの手順を付加した物で、生産管理システムで管理される。この連携には多くの負荷が必要とされます。

■机上から現場へ。リードタイム最短化を実現する「M-BOM構築支援システム」

D&Mが提供するソリューション=「M-BOM構築支援システム」は、ユーザー思考から生まれた知恵の結晶です。
E−BOMからM-BOMへの連携と展開を、最小の負荷と迅速なスピードで実現し、受注生産製造業におけるリードタイムの最短化を実現します。

M-BOM構築支援システムには、以下のような特徴と効果があります。

(特徴) (効果)

 

加工基準編集システム(M-BOM構築支援システム)と既存のPDM・生産管理システムの連携を概念を図表化すると次の図のようになります。

「PDMと生産管理システムの橋渡し」それがM-BOM構築支援(加工基準編集)システムです。PDMと生産管理システムの中間でM-BOMを編集しマスターの維持負荷を軽減します。これによりJIT・在庫削減・精度の高い納期回答など様々な改革が実現します。

「PDMと生産管理システムの橋渡し」それがM-BOM構築支援(加工基準編集)システムです。PDMと生産管理システムの中間でM-BOMを編集しマスターの維持負荷を軽減します。これによりJIT・在庫削減・精度の高い納期回答など様々な改革が実現します。

 

加工基準編集用の構成表の概念を図表化すると次の図のようになります。
標準BOMと製番BOMとの変化点を明確にし、生産管理システム上のM-BOMを更新します。この際、子部品の作業日を日単位で設定できJITを実現します。

標準BOMと製番BOMとの変化点を明確にし、生産管理システム上のM-BOMを更新します。この際、子部品の作業日を日単位で設定できJITを実現します。

御社の受注生産工程の革新に、JITの実現、リードタイムの最短化に、私たちのソリューションをお役立て下さい。


改革の実現とシステムの導入 一般の導入手法と弊社の導入手法について解説します。
コンサルティングサービス 弊社のコンサルティングサービスをご紹介します。
M-BOM構築支援サービス M-BOM構築のサービス内容をご紹介します。
お問合せ・資料請求 各種資料を進呈いたします。お申込みはこちら
このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをLivedoor クリップに追加 このエントリをニフティクリップに追加 del.icio.us 宜しければブックマークに登録願います