Loading
Loading

M-BOM構築支援システムを活用し、
御社のM-BOM構築をしっかり支援します

工場全体の生産性を挙げる為に、真の原価とロスを分離したり、リードタイム短縮、JITの実現、コスト削減等、標準BOMを先ず作成し、生産実績から標準BOMを改定するといったPDCAを繰り返すことで、改革を一時的な物にせず継続的に蓄積することが可能となります。

改革を継続させる仕組み、それは生産実績の結果を標準BOMに反映させるというPDCAの流れを作ることです。トヨタ式の現場改革で改善された結果は標準M-BOMを更新することでPDCAが実現し、次回以降生産されるものは新しい改善された標準M-BOMを基に計画されるので改善に活かされて行きます。ですから最初の標準M-BOMはあまり時間をかけて慎重に作成すると言うよりも先ず作ってその後実績を基に改定し、PDCAをまわしていくことが大切です。

このM-BOMを負荷を最小限で作成出来るツールが弊社のM-BOM構築支援システムです。

御社の生産管理システムとの連携部分は個別開発に基本的になりますが、生産管理システムを入れ替えることなしに大きな成果が期待できるかも知れません。

M-BOM構築支援サービス概要

御社の生産管理システムのマスターデータ(M-BOM)をM-BOM構築支援システムから更新するまでの機能をご提供いたします。弊社で過去に開発したものをできるだけ再利用いたしますので低価格でのご提供が可能になります。

含まれるもの:ソフトウエア
教育(基本教育・操作教育)
スムーズ導入コンサル(オプション)

予定価格:350万程度(内容により若干の変動はあります)

オプションサービス:価格は個別のご相談で、低価格で受け賜ります。
単にM-BOM構築支援サービスの機能の紹介とは別に、御社の現状での業務の流れを診断し、M-BOMの構築がスムーズに進むように業務レベルの改革を支援いたします。コンサルの主なテーマとしましては、

お問合せ・資料請求 各種資料を進呈いたします。お申込みはこちら
このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをLivedoor クリップに追加 このエントリをニフティクリップに追加 del.icio.us 宜しければブックマークに登録願います